FX外国為替証拠金取引では国内FXと海外FXがあります


sdf88 国内FXは日本の金融庁に登録した業者が提供しているFX、海外FXは海外の金融監査機関に登録した業者が提供しているFXです。どちらもFX取引が出来るのは同じですが、大きな違いがレバレッジです。日本の金融庁に登録すると国内のレバレッジ規制がかけられて個人の方は最大25倍までしかかけることが出来ないです。

しかし海外FXは日本の金融庁に登録しなければ国内のレバレッジ規制がかけられないので、400倍でも1000倍でもレバレッジをかけることが出来ます。海外FX業者によって最大レバレッジは異なりますが、国内FX業者ではかけられないハイレバレッジをかけることが可能です。400倍のレバレッジをかけると1万円の証拠金でも400万円分の投資ができ、利益も400倍が期待できますが、損失も400倍になってしまいます。

FXと言うと怖いと思っている方が多いですが、それはハイレバレッジをかけて多額な損失を追ってしまうイメージが強いからです。ですが海外FXではゼロカットシステムを採用している業者が多く、追証が発生することが無いです。証拠金以上の損失を追ってしまうリスクが無いうえに、ハイレバレッジで大きなリターンを目指すことができます。

海外FXではさらに約定能力の高いシステムを導入している業者が多いのも魅力の一つです。スプレッドがせっかく低くても、約定能力が低くてスリッページが発生し、投資家に不利な価格で約定していたのでは意味が無いです。取引コストを抑えたいときはスプレッドの低さだけで選ばずに約定能力の高さも合わせて考えることが大切です。

そして海外FXの大きな魅力にボーナスがあります。口座開設するともらえる口座開設ボーナスや初回入金ボーナス、追加入金ボーナス、初回取引ボーナスなど業者によって様々なボーナスを受け取れることがあります。

ボーナス分を出金するには取引などの条件があったり、出金しただけでボーナスが取り消されることがあり、ボーナスだけを受け取ってすぐに出金すると言ったことは出来ないです。ですが受け取ったボーナスでハイレバレッジをかけて取引すれば、大きなリターンに出来るかもしれないのです。

その代わり信頼性の低い海外FX業者ではきちんと出金できるかが問題です。出金拒否と言ったトラブルが見られますので、海外FXを取引する際は信頼性の高い業者を選ぶことが大事です。審査の厳しい海外の金融監査機関に登録している海外FX業者なら信頼性が高いです。