二つの分析手法で戦略的に投資を行う


 FXでは、外国為替市場の為替レートの変動を利用し、その為替差損益を求めていく事になり、このレート変動をどれだけ正確に予測できるかが、利益と損失を分ける決め手になります。

この為替レートの変動は、様々な要素が複雑に絡み合って発生しているために、その予測は非常に難しく、これを的確に読み解いていくために「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」という二つの分析手法が考案されています。

この二つの分析手法は、その用途やカバーできる予測範囲がそれぞれに違っているために、有効的に用いるためには、この両方を相互に関連性を持たせながら行っていく事が大切になります。

まずテクニカル分析ですが、こちらは為替レートの直接的な動きを短期的に予測していく事に秀でており、過去の為替相場の数値を数式に当てはめて指数化していく「テクニカル指標」や、これまでのレートの変動を図式にして視覚化する「チャート図」などに大まかに分けられています。

このテクニカル指標やチャート図は、その予測の期間や目的意図によって様々なものに特化しており、これらを道具のように使いまわしていきながら、為替レートの変動の中から法則性、傾向性を見出して、これから先のレート変動を予測していく事になるのです。

例えば、一定の期間内の為替レートの値動きがどうだったかを知りたい場合には、ローソク足チャートや、トレンドラインなどが適切でしょうし、為替相場に参加している投資家たちの売買心理を図るためには、ボリンジャーバンドやMACDと言ったテクニカル指標を用いるのが効果的になります。

これに対し、ファンダメンタル分析は外国為替市場の全体の通貨の動きや流れを、包括的に長期的に読み解いていく事を目的としており、通貨を発行する国や地域の経済状況、政治の動向などに対して視野を向けて予測を行っていきます。

仔ららを読み解くためには、金利や経済活動を知ることができる経済指標の情報や、経済的に力を持つ要人の発表や発言などを常にチェックしておき、また、近隣諸国や関係国との関連性、テロや戦争などの地政学的リスク、台風や地震、寒波などといった自然災害、また、これらの状況を見て行動を起こす外国為替市場に参加している投資家たちの売買心理などに対して、考察を置いておく必要があります。

大まかに言うのであれば、テクニカル分析はツールを駆使して一点を極める技術手法であり、ファンダメンタル分析はトレンドを抑え続けるという行為そのものになります。

こうしたことから、ファンダメンタル分析を行うためには、常に鮮度と濃度の高い情報が必要であり、プロの投資家のブログやセミナーなどで取り上げられやすくなり、また、一方のテクニカル分析は様々な経験則がそのまま技術に生かされるために、攻略法などの情報が公開されやすくなっているのです。